符海鷹

符海鹰

取扱分野

符海鷹弁護士の主な取扱分野は知的財産権です。

符海鷹弁護士が携わった知的財産権分野の法律業務は広範囲に渡っており、商標、著作権、不当競争、ドメインネーム、税関における知的財産権保護等に 関わる案件が含まれています。具体的には、知的財産権保護の全体的な保護戦略に関わる法律コンサルタント、知的財産権侵害調査、商標・著作権侵害、ドメイ ンネーム紛争、および不当競争案件に関わる事項の処理、商標登録申請及び商標譲渡、変更、更新、使用許諾等。さらに商標にかかわる異議、取消等の各種権利 帰属にかかわる紛争案件の代理、著作権申請、税関における知的財産権保護届出およびドメインネーム登録の手続等です。

符海鷹弁護士はこれまでに多くの著名な多国籍企業を代理して、知的財産権侵害案件を数多く取り扱ってきました。知的財産権保護のなかでも、特に商標権侵害、著作権侵害、不当競争案件の分野で豊富な経験を有しています。

経歴

2003年、金杜法律事務所入所。入所以前は、中原信達知的財産権代理有限公司にて知的財産権保護部部長、商標弁理士。

符海鷹弁護士は北京大学英語言語文学部を卒業、文学学士号を取得。その後、中国政法大学にて法律修士号取得。1995年に商標弁理士資格、2005年に中国弁護士資格取得。

使用言語は中国語、英語。