刘成

刘成

取扱分野

劉成弁護士の主な取扱分野は、独占禁止、反不正競争、企業投資、国際貿易・WTOです。

劉成弁護士は、2005年からM&Aに関する独占禁止法律業務に携わり、クライアントに日常的な独占禁止、反不正競争分野のリーガルサービスを提供しています。劉弁護士は、かつて多くの企業を代表して商務部へM&A申告提出を行い、同時に独占禁止のコンプライアンス等の問題についてのコンサルティングや研修を行いました。

劉弁護士は、中国法律に関する会社法務、M&A、商務契約と海外直接投資分野において豊富な業務経験があり、多くの企業の中国における業務発展のためのリーガルサービス(合弁企業、合併買収、ベンチャーキャピタル等を含む)を提供しています。

劉弁護士は、2000年から国際貿易救済業務に携わり、中国・アメリカ両国の国際貿易分野において豊富な経験を積み重ねてきました。劉弁護士は、かつて数十もの中国輸出業者及び多国籍企業を代理して、アメリカ・EU・中国のアンチダンピング、反補助金、保障措置調査の応訴を行いました。さらに、一部の案件において中国商務部に、アンチダンピング及び反補助金、WTO関連の法的問題に関するサポートを提供いたしました。

経歴

劉成弁護士は、2010年に金杜法律事務所に入所いたしました。金杜法律事務所加入以前、劉弁護士は、イギリス法律事務所DLA Piperの北京支所において、外国貿易法及び競争法業務の弁護士チームリーダーを務めました。それ以前は、巴斯夫(中国)有限公司の大中華地区における法律顧問を務め、貿易、投資、独占禁止、商事契約等の関連事務に携わりました。また、かつて、米国法律事務所King & Spaldingのワシントンオフィス及び北京の天地和弁護士事務所にも勤務しておりました。さらに、「Will your future joint venture or M&A deals be affected by China’s Anti-Monopoly Law」、「中国独禁法ビジネス人士指南」、「立法助言:中国独占禁止法」、「中国輸入保障措置実務指南」等の文章や書籍の執筆に参与しました。

劉弁護士は、対外経済貿易大学、ニューヨーク大学法学院を卒業し、法学修士の学位を取得しました。劉弁護士は、中国弁護士資格及びニューヨーク弁護士資格を有しております。

業務における使用言語は、中国語と英語です。

法律論文作者

See The State Council Information Office’s press conference on the 10th anniversary of the implementation of China's Anti-Monopoly Law, available at http://www.gov.cn/xinwen/2018-11/16/content全文

09 January 2019

Chinese State-owned enterprises acquiring businesses or entering into joint ventures with other parties may unexpectedly trigger an EU merger filing.

26 April 2016

With policies taken, China begins to strike e-commerce competition issues. Under such circumstances, what should business operators do? This article may tell you the answer.

14 July 2015

Under what circumstances will minimum resale price maintenance constitute a vertical monopolistic agreement prohibited by Article 14 of the AML.

04 December 2013