顔瓊

颜琼

業務分野

顔瓊弁護士は金杜法律事務所のパートナーであり、主に土地の一級開発、不動産、インフラ投資、建設、企業買収・再編、国有企業及び上場企業の法務を取り扱っています。

顔瓊弁護士は、ニュータウン開発、インフラ設備投資、不動産投資と建設、企業買収・再編などの分野において豊富な経験を有し、多くの上場企業及び国有企業に対しトータルで深いリーガルサービスを提供してきました。

土地の一級開発と二級開発、都市インフラ設備建設、都市と農村の統括管理、地域の公共事業管理、ニュータウンの発展と都市の再生、単独不動産プロジェクトの投融資、財政と税務など多くの法律問題を抱える、ニュータウン開発と旧市街地の再開発業務に取り組んでいます。

顔瓊弁護士は、多くの国内外企業投資、建設、軌道交通の運営、港湾、高速道路及びインフラ設備の買収・合併プロジェクトにリーガルサービスを提供した経験があります。

顔瓊弁護士は、多くの政府機関の法律顧問を務めてきました。そのうち、某大橋管理局、某市現代服務業合作区管理局、某市人民政府国有資産監督管理委員会、某市発展と改革委員会、某市財政局、某市新興産業基地建設計画事務所、某市都市と農村企画局、某市国土資源と都市と農村企画局等を含みます。

顔瓊弁護士は、深セン市投資控股有限公司、深業(集団)有限公司、深セン市遠致投資有限公司、深セン市科匯通投資控股有限公司、梅渓湖投資(長沙)有限公司、佛山市三水雲東海新城開発投資有限公司等を含む、国有資産経営企業と国有投資プラットフォーム企業の法律顧問を歴任しました。

顔瓊弁護士は以下の企業を含む国内外の企業にリーガルサービスの提供を行っています。深セン市農産品股份有限公司、深セン市燃気集団股份有限公司、深セン南山熱電股份有限公司、恵州億緯鋰能股份有限公司、深セン市物業発展(集団)股份有限公司、湖南発展集団股份有限公司、広東風華高新科技股份有限公司、深セン市広聚能源股份有限公司、深セン市深宝実業股份有限公司、深セン市紡績(集団)股份有限公司、中粮地産(集団)股份有限公司、広東新会美達錦綸股份有限公司、深セン国際控股有限公司、庄士中国投資有限公司、力量鉱業能源有限公司、安踏(中国)有限公司等。

顔瓊弁護士は、杭州地下鉄1号線、深セン地下鉄3号線、4号線の第一期工事リースプロジェクト、佛山市軌道交通2、3号線のTOD研究プロジェクトなどの軌道交通プロジェクトの法律顧問を務めた経験があります。

ニュータウン開発において、顔瓊弁護士は長期に渡って政府機関主導のニュータウン開発プロジェクトにリーガルサービスを提供してきた経験を有し、その代表的なプロジェクトには、長沙大河西先導区梅渓湖地域開発と資金導入プロジェクト、長沙松雅湖地域開発プロジェクト、珠海横琴新地区インフラBT入札と融資プロジェクト、福建莆田興化港区臨港産業園開発プロジェクト、広東汕尾金町湾ニュータウン開発プロジェクト、広東佛山三水区雲東海北湖片区開発プロジェクト、広東肇慶新地区開発プロジェクト、深セン坝光新興産業基地開発プロジェクト等があります。

職歴

顔瓊弁護士は、2007年に金杜法律事務所に加入しました。

顔瓊弁護士は、吉林大学法学部を卒業し、法律修士の学位を取得しています。2000年に中国弁護士資格を取得するとともに、会計士資格、土地評価師資格も取得しました。

業務における使用言語は、中国語と英語です。

法律論文作者

Focusing on the aviation sector, we recap the Feb 2019 Outline Development Plan for the Greater Bay Area and identify new opportunities.

18 June 2020